ビジネススーツはやはり真面目な感じを与えるのが良いのですがその一つとっても多種多様で価値観も微妙に変わってきます。
それでは昨今のビジネススーツにおける印象について述べましょう。

まずビジネススーツではそのボタンの数でも印象が違ってきます。
例えば一つだけならシャープ優先。二つならシャープな印象を保ちながらビジネスマンと言う印象を周りに持たせて、三つならもっと真面目な印象を持たせるようです。

また真面目な印象を持たせたいから黒のスーツが良いと思いがちですが、実はNGになります。なぜなら黒のスーツは冠婚葬祭やパーティー会場で着るものであってTPOが違ってきます。紺やグレーのスーツを着た方が正しいのです。

確かに黒のスーツを着てもおかしくないイメージが先行してしまったり、就活ではスーツの色はあまり見ないようなので気にしなくて良いのかもしれませんが、あくまで多くの社会人にノーマルで見られる色のスーツは紺やベージュと覚えてきましょう。

そして最近ではブラックストライプ柄、ネイビーストライプ柄と言った縦縞模様のスーツが支持されています。ストライプはシャープな印象を持たれるうえ、特にネイビーストライプ柄は見た目が鮮やかでカッコいい印象を持つ人もいます。
ただし黒のスーツはあくまで主流ではなく、縦縞模様に難色を示される方もいるので使用して通用できる職場か各自で判断しましょう。

最後にこのようにスーツを着ると言う事は良い印象を周りに持たせるのが第一前提ですが、共通して気を付けたい身だしなみとしては、不格好にならないようにポケットに携帯電話などあまり小物を詰め込まない事です。こうした心得はどの時代においても真面目な印象を持たれます。

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ビジネススーツにおける印象

Updated on 2014-10-09T00:02:25+00:00, by admin.